スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「目の前の者たち」

    イラスト本にも入れました新作、「目の前の者たち」というタイトルの絵です。


    気持ちの悪い話かもしれませんがこの絵はまた随分長ーいスパンで描いた絵で、大もとのラフデータは2011年6月13日と記述されてます。(実際スケッチに描いたのはもっと前だと;)
    rahu.jpg
    構図は2年前のラフの方が良くないかという疑問も持ちつつ、その間に頭で温め続けたものが今回の絵です。
    もとは低い目線から見上げる予定だったんですね。
    当時は絵の中で見る人の視線、というのを無理して避けていたところもありましたが、この2年間で変わったんだと思います。

    前にも「頭で温める」という言葉で何度か自分の製作過程の長いスパンの話をしました。
    内容や詳細を練る、という意味でももちろん使っていますが、実は意味として隠したくなるのが「今は描けない」というところ。

    今回の絵も2、3年前の自分では大まかに想像できても描けない部分が多く、特に鎧の描写などを見るのは楽しんでいましたけど実際にしっかり描いたことはなかったですし。

    その当時で言うとこのイラストなんですがコメントに「都市とか全然描かなかったからとても楽しめました!
    」ってあります。
    街や都市、パースの細かい物は描いてなかった、もしくは無意識で避ける方法を選んでいました。

    描いてみたあとの100%の満足はどうしても難しい、もしくは無いことだと思いますが、何歩か引いて考えても全然描けなかったな、と。

    想像が実力を大きく超えている場合に自分はそれができるまで色々描くしかないと思い、試し試しに別に作品を作ったりしていました。

    絵を描くために絵を描く、というような。

    頭で温めはじめると、長期であることや、その時必要とする趣向によって完成ごとに絵が変わったりします。
    ですが自分にとっては確実に理想に一歩一歩近づく方法です。

    ただ短期での効率や仕事とは無関係な話です。自分が好きな絵を描く為。

    こういった考え方が、尽きない好奇心を作り何を描けないかを理解することでさらに描きたくなってくるんです。プロ意識でなく自己満足ですが。

    今も同じように頭では3枚くらい長ーい間温めてる絵があるし、憧れている新しい絵や物事があります。

    ただ描きたいものを描くための気の長い方法ですね。


    …書いてみて思ったのはただフラフラしてるだけじゃないかな?笑

    たまに何でも描けるような目で見られますけどそんなことはないんですよね。
    スポンサーサイト

    theme : 絵本・制作・イラスト
    genre : 学問・文化・芸術

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    プロフィール

    キオナオキ

    Author:キオナオキ
    ゲームのグラフィックを作る人をしながら創作活動でイラスト描いています。
    ラクガキから絵のこと、気になったこと等書いてます。

    作品はホームページでご覧いただけます。
    KIOnity : ホームページ

    KioBooth : 通販開始しました。
    PIXIV : イラストSNS
    Tokyo Otaku Mode
    : コラボグッズも販売中です。
    UST : 作業経過の放送など
    FG : 立体やフィギュアのSNS
    854 : イベントで一緒に活動しているグループです。

    趣味はイラスト、アニメ、ゲーム、旅、写真等。
    気軽に感想を書いてもらえたら嬉しい限りです

    メールにてのご意見、ご感想やその他はこちらから。
    E-mail : jrmsn014@ybb.ne.jp

    カテゴリー
    最近のコメント
    最近の記事
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    リンク
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。